個人輸入ビジネス大成功の極意

個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】

個人輸入ビジネスの強みは、すぐに始められて収入を得られるのにライバルが少ないこと。
やることは新しいことじゃなくて、あなたにも今すぐできることの組み合わせ。

 

個人輸入ビジネスというと、言葉はややこしく聞こえるかもしれませんが、

 

海外から商品を安く仕入れて、日本で高く売るということです。

 

でも、やったことないけど私にもできるの?

 

はい、まったく経験のない初めての方でも、当月のうちに、

 

遅くても翌月には収入が入るカタチができました。

 

自宅にいながら、空いた時間やスキマ時間を使って作業ができます。

 

拘束時間もありませんし、出勤する必要もないのでとても気楽なんです。

 

その上、たくさんの人に感謝されて、それが収入になります。

 

主婦の方が、パートじゃなくて個人輸入ビジネスをやりたいという理由がわかりますね。

 

失敗しない個人輸入ビジネスの方法は、わらしべ長者方式です。

 

私の場合は不用品を売った2万円を元手に、それをどんどん増やしていきました。

 

最初の取引で2万円を3万円にして、それをそっくりそのまま次の仕入れに使ったのです。

 

なので、今稼いでいる収入の元はわずか2万円から作ったものなんです。

 

個人輸入ビジネスの場合、売れたらすぐに入金されるので、

 

繰り返すことで3万円⇒5万円⇒8万円⇒15万円と増えていきました。

 

早ければ、仕入れ⇒販売を1ヶ月で2、3回は繰り返せるので、

 

思ったよりもすぐに資金がたまるんですね。

 

ちなみに、なぜ途中いきなり8万円から15万円にアップしたかというと、1個売れば1万円の利益が取れる商品を見つけたからです。